ヒーリング体験談

ヒーリング体験談詳細

30代 女性 (サービス業)


  わたしの場合前日からすでに大きな変化が始まっていたみたい。RM1のinitiationが終わった直後からがらがらと崩れ、変化していったんだけどこのミストまでが1つのサイクルだった気がする。なんとなくね。

それまでの自分にはできなかったことを1つ出し切ってみた。だって、わたしはもう殻をやぶりたかった。誰かの期待にこたえるのではなく、本来の自分を表現したくなった。

物事はそんなに複雑ではなく、それぞれの勝手な思い込みによってどんどん糸は絡まっていき、その絡まっている糸玉に結局おびえているってことが少なくない のかも。その糸をほぐしていったら中にあるのはあたたかな光かもしれないし、ずっとほぐれるのを待ち望んでいた小さなかわいい虫かもしれない。自分が「こ うなんだ」と思い込んでいたものが、少しずつはがされていってわたしはどんどん軽くなっていってる。まだまだ積もった何かがあるけど、徐々にとっていこ う。

ミストがはじまる。

素敵な器にはったお水を見つめ言葉を唱える。思考がゆらぐ、口と頭があわない。その間ずっとキリストのイメージ。椅子に座ってオイルを塗った途端、initiationされたような強いエネルギーを感じてくらくらする。それは本当に強烈だった。何のオイルだったんだろ?

 

最初の瞑想では、1つは自分が人に期待する、人が自分に期待する、それらを手放すことをしたようだった。

いろんなイメージが出てきたけどよく憶えていない。最後に光につつまれていた。

 

次の瞑想では、始まると体が縛られて動けない。それはしっかりとまとわりついてびくともしない。

時々肩がぴくぴく動く、水のない場所で魚が息ついているみたい。同時に息が苦しくなってくる。とにかく苦しくて仕方ない。はやく終わってほしい。苦しい。次第に意識が遠のいていき、makiさんの声に目が覚める、あれ・少し眠っていた?

makiさんの気配がときどきあったけど何をしているのかまったくわからなかった。makiさんはどこかでくつろいでいるのかな?いやそんなはずないじゃない。今わたしは一人なの?

と思うとmakiさんの動く音がするので、あ、いるんだ。と安心。

 

想像以上の水の量に驚く。(不思議サロンの凄い実力の本を見ていたので、ぱしゃぱしゃ?くらい?と思ってた)不意打ちにしばらくにやけてしまった。けれど makiさんの迫力にわたしも精神を統一!水を含んで服が重たくなり、その冷たさにぶるぶる寒くなったけど着替えた後はぽかぽか。

 

終了後ミスト直後だけのオプション、タロットパスワーキングをお願いする。実はわたしは1つだけどうしても聞きたいことがあった。誰かにチャネリングして もらいたいと思っていたのだけど、なんとなく答えはもう決まっていて、自分も本当は知っているのかな、と。でもちょっと自信がなく、後押しして欲しかっ た。このタロットパスワーキングは、こちらから一切質問はしない。カードでリーディングしていくのみ。始まる前からずっと、存在に、〇〇が聞きたいの・よ ろしく!とお願いしていた。

 

で、タロットパスワーキングの結果。makiさん凄いよ・・の一言。

わたしが聞きたかったことがドンぴしゃりで来やした!鋭い指摘に、もう何も言わずにやにやするのみ・・・。

*現在タロットパスワーキングは行っておりません

ヒーリングサロン【スパスィーバ】

TEL  090-9340-3587
MAIL info@spasiba.net
営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
Facebookページはこちら http://on.fb.me/1iv41KK
  • facebook
  • twitter
  • mixi