Makiの独り言

Makiの独り言詳細

瞑想の効果を上げるには?


先日、クライアントさんから聞いたのですが、

フルフィル瞑想実践者さんのブログを読んだら瞑想が全くわからない的なことを書いてた人がいたとのことです。結構大勢いるみたい。

これはどういう意味なのかな?と考えてみました。

瞑想自体がわからないのか、瞑想での効果が実感できないのか・・・。どっちだろう?

 

瞑想がわからない人は多いと思います。

それは、誤った知識が原因かもしれないし、誤ったやり方が原因かもしれないし、もしかしたら期待が大きすぎて実際に起こっている現象を受け入れらないのかもしれません。恐らく瞑想がわからないという人は、瞑想中の体験を重視している人に多いと思います。瞑想はこういうものだ!という固定概念に囚われていると、瞑想がわからない。という感覚に陥ってしまいやすいです。

 

瞑想の効果が実感できていない人は、多分瞑想のやり方が間違っていると思います。または、効果が出てても自分の望んでいる効果ではないから物足りないと感じているのかもしれないし、浄化が辛くて効果がわからないとかもあるかもしれません。カルマの浄化中や解放により乱れている最中は、「瞑想なんて意味ない、もうやめたい」って思うと思います・・・^^; しかし、浄化は一時的なものですし、良い効果の方が多く、絶対にわかる良い効果なので効果が出ていれば、誰でも気が付くはずです。(瞑想の効果はここを読んでね)

 

瞑想しても、何も変化がない。もしくは余計に辛い。(これは一番辛い!!泣)

としたら、それは絶対に瞑想のやり方を見直してみたほうがいいと思います~。

 

正直に言えば、ただ目を閉じて30分座れは、めっちゃ効果が出る!っていうものではありません。瞑想に対する正しい理解や瞑想中の正しいあり方も大事です。そして瞑想後の処理や新しい自分をどうやって発見し使いこなすかの練習も大事です。正しく瞑想を行えば、やったらやった分の効果は出ます。逆に適当な感じで瞑想をしていれば、さほど効果は感じられないと思います。

 

始めの2ヶ月くらいは、適当にやっていても何らかの効果が出る人もいます。しかしそこから何の変化もないか、どんどん状態が悪くなる。これが正しく瞑想が出来ていない人のパターンです。

 

瞑想は、効果や結果が付いてくるから何年も続けられるのです。瞑想しているのが楽しいし、それだけでいい。って人は良いと思いますが、いつかきっと・・・・、と期待だけでは辛すぎます、瞑想は忍耐を学ぶものではないからです。

実際、せっかく瞑想を習ったのに何の効果も感じられずやめてしまう人が多いんじゃないかな?ある程度の効果を感じたけど別にいらない効果だし、面倒だからやめる。これなら良いと思うのです。自分の選択ですから。効果を感じられないのでやら無くなる、これは一番勿体無いです。

 

女子的にはめっちゃ高価な化粧品をライン買いしたのに何の効果も得られず、途中で使わなくなってしまった.、しかし勿体無くて捨てられない。見たいな感じ?^^; まぁ、瞑想に消費期限はありませんのでいつでも再開できますが、なかなか自力で再開は難しいものです。

 

まぁ、私が瞑想のやり方で簡単な修正をお勧めするとしたら。

瞑想は胡坐よりも、椅子に座って背筋を伸ばして瞑想をするほうが良い。そして背もたれにもたれない。(このやり方だとゴミが大量に動くから瞑想中はつらいです、でも瞑想効果は上がります)

瞑想中の雑念を手放そうとか、中心に入ろうと頑張らない。

瞑想はしっかりと覚まして雑念が無くなるまで目を開けない。少なくとも15分以上かけてゆっくり覚ますほうが効果的。

この3つだけでも、かなりの効果は出ると思いますよー。

 

椅子の背もたれにもたれないで背筋を伸ばして瞑想するほうが良い理由は、もたれると中心軸がずれるのでマインドにつかまりやすくなるし、マインドと意識が切り替わりにくい。そしてもたれたり腰が落ちて座っていると、心地よい眠りに近いフワフワな瞑想になりやすく、カルマの掃除があまりできません。その他、色々理由はありますが、まぁ。マインドが邪魔して意識広がりにくいと思ってもらうと良いかな。心地よい瞑想ばかりをしている人は現実での変化があまりないと思います。

 

瞑想中は、何も手出しせずそのままにするほうが自然。雑念が多いのは良い瞑想なので抵抗しない。ずっと考え事していても覚ましでそれを手放すから問題ありません抵抗はマインドが行うものなので、抵抗すればするほどマインドの力が強まりますし、瞑想の質も悪くなります。何も抵抗せず手を加えないで瞑想していれば、そのうち自然と雑念から離れ、空の静寂がわかるようになります。しかし雑念はなくなりません、雑念と静寂の両方を一度に体験するようになります。慣れていない人は雑念かぶっ飛んでフワフワ心地よい感覚かのどちらかにしか居れないと思います。フワフワの感覚は空ではありません。空はシンプルな静寂です。その静寂の中に色々動きはありますが、始めの頃はこれは知らなくても大丈夫です。上達すると雑念と静寂の中間に居て瞑想するようになります。この中間がわかるようになると、現実でも自分のマインドに振り回されることがかなり減ってきます。

 

覚ましに付いてはコツが必要です、実際にやりながらでしか説明できないので書いて説明するのは難しいのです。ごめんなさい。

覚めるとどうなるのか?を書くとしたら、ちゃんと目覚めている人は瞑想後の意識は超クリアです。頭は静か、体は軽く、呼吸もしやすい、とってもシンプルでリラックスした状態になります。ボーっと眠い感じや思考が騒がしいとしたら瞑想から目覚めていません。ボーっとした眠い感じは代謝が戻っていませんし、頭も体も麻痺した状態です。頭が騒がしいのは瞑想中に動かしたカルマが暴れたおしている状態です。それらを沈静化させて出てこないと、日常もそのゴミ色に染められた一日になります。代謝がもどっていないと、一日中眠かったりだるかったりします。実際覚ましをしっかりすると20~30分くらいかかりますから、面倒ですけどね^^;

覚ましている間中、大量のあくびが出るようになれば覚ましが始まっている証拠です。あくびが全くでないで目を開けると、麻痺した状態が残っていると思います。あくびが出るには慣れるまでコツがいりますが、のんびり体を摩っていれば5分ほどすれば出てくると思います。覚まそうと頑張りすぎてマインドにつかまっている状態や、フワフワ心地よく飛んでいる状態ではあくびは出ないので、この状態だと瞑想の延長になっているなと思ったほうが良いかもしれません。

 

覚ましに関しては、フルフィルメント瞑想の基本の教えにはありません。だから他の教室ではあまり重要なポイントではないと思います。覚まさなくても瞑想の効果はあります。覚ましをせずに効果を出している人も沢山いると思います。これらの人はそのままでいいと思います。

 

私が覚ましを重要視しているのは、まず覚ましを覚えてみてから、覚ます覚まさないの両方試して見るとわかると思います。歴然と結果に違いが出ます。浄化や解放でのトラブルを減らせるし、瞑想でのプラス効果も格段に上がります。そして瞑想後のクリアさや、スッキリ感が違います。現実も摩擦が少なくなりますし、タイミングも合ってきます。瞑想であまり効果がわからないという人や、浄化や解放でのトラブルで苦しんでいる人は、是非覚ましを丁寧にやってみてくださいな^^

 

最近、瞑想のことばかりブログに書いていますが、瞑想についてのトラブル相談が多いのです。フルフィルメント瞑想者が増えているので、それだけ効果を出して向上している人もいれば、逆にトラブルに苦しんでいる人も増えるということです。

今は、ネットで調べれば情報はいくらでもあります。教師などが書く良い効果の情報は多いと思うのですが、皆さんが知りたいのはリアルな声ですよね?教師の私が書いてもリアルな声にならないけれど、実際に起こりえることや回避策や効果を出すコツなどを知らせていければと思っています。

 

でも本当は瞑想の素晴らしさを書き綴りたいのよー!!(笑)

けれどそれは、生徒さんたちに任せます^^

 

ヒーリングサロン【スパスィーバ】

TEL  090-9340-3587
MAIL info@spasiba.net
営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
Facebookページはこちら http://on.fb.me/1iv41KK
  • facebook
  • twitter
  • mixi