Makiの独り言

Makiの独り言詳細

タロットで見る心事情 その2(失望)


昨夜はCup7の「放蕩」について書きましたが、今日は「失望」について触れて見ようかと思います。

私は放蕩って言葉は、「放蕩息子」くらいしか耳にしたことがありません。

親からはよく、「放蕩娘」といわれていました(笑)

しかし、失望って言葉はいろんな場面で耳にする言葉ではないですか?

そもそも失望ってなんでしょうね?

裏切られた、期待はずれ、などから来るショック状態または落ち込んだ状態のような心が傷ついた状態でしょうか?

タロットカードで「失望」を表わすカードはCup5です

c-05.jpg

これまた、どんよりとしたカードです。描かれているカップには水が入っていません。ハートが満たされない様子を表わしています。このカードは望みが叶わなかったり、期待したとおりにならなかったりして不満足な状態かとても傷ついている状態を表わしています。そして実は、奥に「怒り」も存在するカードです。

でもなぜ、人は失望したり、傷つくのでしょうか?相手が悪いんでしょうか?世の中や外側に問題があるんでしょうか?

いえいえ、違います。

失望は、自分が期待するから経験するのです。失望を経験するとき、必ずその前に期待している自分います。失望は自分が理想を持ちすぎたり期待したりと依存状態にあるから起こります。

このカードの教訓は、期待は裏切られ、依存は失望に繋がることを知るということです。

期待や依存が強ければ強いほど、失望や痛みも大きくなります。

しかし、失望している大抵の人は外側のせいにします。自分が満たされない、傷ついているのは○○のせいだ!と思っています。自分に問題があるとはあまり考えないのです。もちろん自分が罪を犯しているわけではありません、過度に期待し依存して勝手な理想を追い求めている自分の思いに気がついていないのです。

実際に起こったことは、ただ自分の望み通りまたは理想通りにはならなかった、だけなのです。

時に人から裏切られることもあるでしょう。誰でもショックを受けたり、痛みを感じます。しかし、それに対して過度に失望したり過度に傷つくのは自分の思い質の問題なのです。仕事にしろ人間関係にしろどんな場面においてもです。全く期待しないというのは難しいことです。しかし自分の思い通りにはならない事もあるよね、って事は理解し受け入れる必要があるのではないでしょうか。

どんなに努力しようが、集中しようが、願おうが、念じようが、期待しようが、それは自分の勝手な行動や思いです。どんなに頑張っても思い通りにならないことは多々あります。その都度、過度に「失望」して落ち込んでいたら身が持たないですし、ましてや外側のせいにされても困ります。傷つきたくないと思っている人も同じ、傷つき方は自分の期待度や依存度によって異なります。期待や依存が大きければ大きいほど、手に入らなければ同じくらい傷つきます。

そして、思いが強ければ強いほど、怒りへ移行しやすくなります。怒りにもいろんな種類がありますが。失望からくる怒りはまじ面倒くさいと思います。一方的に期待され、依存され、落ち込まれ、恨まれる・・・・。詐欺等に合った人が落ち込み怒るのならまだわかります。(これは少し別問題になるので今回ははずして書きます。詐欺にも色々ありますし。)

そして、失望は過去への執着です。事実を認められない、受け入れられない状態です。

人は失望を経験し、そしてそこから成長すことができます。自分の内側を見つめることで、過去ではなく今を生きることができます。そして失望を生み出す古いパターンから抜けることができます。

簡単に言えば、傷つくのを恐れているビビリの自分とおさらばできるって感じかな^^

私は、このカードCup5のような「失望」経験することはあまりありません。なぜ人が失望するか怒るかを十分理解していますし、受け入れていると思います。というか、昔はあったけど今は抜けてるって感じかなー。まぁ、たまにはイラってする時もありますけど、失望ではないかなー。

まぁ、私がよく経験するのは、昨日も書きましたが「放蕩」です、、、。これがなかなかしつこいのよーーー(笑)

 

ってな感じで、また明日も何か別のカードをテーマに書いて見ようかなと思います。

今度はどんよりした障害のカードではなく、キラキラってしたやつ!!!^^

ヒーリングサロン【スパスィーバ】

TEL  090-9340-3587
MAIL info@spasiba.net
営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
Facebookページはこちら http://on.fb.me/1iv41KK
  • facebook
  • twitter
  • mixi